ブログネタ
◆成長と進化◆明日は今日より素晴らしい に参加中!
EXHにレッドソックスの松坂大輔選手がゲスト出演していました。

松坂選手とEXILEのコラボというのにも興味深々だったのですが、意外や意外、松坂選手の入場曲がEXILEの曲だったり、仕事以外でも食事をしたり飲んだりする仲のようです。

その中で、松坂選手の座右の銘が紹介されていました。

『目標がその日その日を支配する』
 十里の旅の第一歩
 百里の旅の第一歩
 同じ一歩でも 覚悟が違う

 三笠山に登る第一歩
 富士山に登る第一歩
 同じ一歩でも 覚悟が違う

 どこまで行くつもりか
 どこまで登るつもりか

 目標が
 その日その日を支配する


この言葉は、後藤静香(ごとうせいこう)という方の「権威」という詩集の中にある「第一歩」という詩の最後の一節です。

日課になっている午後の60分走で心を支配していたものが、「一歩」。

なんという偶然、なんという奇跡・・・

考えていたのはこんなことです。

 一歩、
 あともう一歩踏み出すからこそ景色が変化する。

 踏み出した者、
 一歩先に踏み込んだ者だから見える、
 踏み込んだ者だけに見える、
 見えてくる景色というものがある。

 なりたい自分、
 向かいたい未来、
 それは全て
 今、踏み出す一歩、
 この一歩を重ねた延長線上にこそ存在する。

 だから、

 ゆっくりでも構わない。

 今日も一歩を、
 あともう一歩を踏み込もう!!


ランニングなのに「禅」みたいになってきていますが、メンタルとボディーバランスをニュートラルにするためにも不可欠なプロセスになってきています。

「目標がその日その日を支配する」

いいフレーズです。

目標によって「行くぞ!!」と言い切る時に必要な「勇気」や「覚悟」が違ってくる。

自分に言い聞かせる、胸に突き付けるその覚悟によって、内にいる本来の自分がアウトプットしてくるものも違ってきます。

人間という種は本当に凄い生き物です。

命を守るためには必要な形態に変化するんですよ。

たとえばです。

力仕事を毎日毎日していると、肩や胸の関節が広がって稼動域を拡大した上で筋や筋肉が肥大してきたり、指間接が太くなってきたりします。

地上10メートルでバランスをとりながらの仕事を毎日毎日していると、腰や膝、足首の関節や筋肉の付き方が変化してきます。

どちらも変化しないと死んじゃうかもしれないからです。本能がそうさせるのです。

体だけではありません。

脳も一緒です。

本能の領域に対してどんなインプットを与えるかによって、本能が返してくるアウトプットが違ってきます。

どんな目標を与えるのか。

人生はそれに支配されているんですね。

渾身の一歩を踏み出す人はなんて美しい!!