みなさん、おはようございます!

さて、ジョグを入手したわたくし、長くFC3S(RX-7)で爆走していたこともあり、こういった内燃機を手に入れてしまうとこれがもう

血が騒ぐ

FC3Sもいじりにいじった挙句にブローさせたりして2度もつぶしてしまったほどですので、ちょっとしたエンジンや足回りなら自力でなんとでもできそうです。

ということで

ちょっと改造


リアキャリア


まずは見てくれから。

リアウィングをキャリアに交換です。
写真 2017-07-04 16 41 07

え?地味になるじゃん!

いえいえ、決してデチューンではないですよ。
エアロを付けるばかりがチューンではありませんからね。

ちなみに最高速仕様のチューンではフロントスポイラー形状で5キロ10キロ損失することもザラにあります。

はなっから飛ばすこと前提で作られたRX7はさておき、GTRやランエボなどはフロントフェイスが空気抵抗を食らうような絶壁になっているのでスポイラー形状って本当に大事なんです。

って何の話?

あ、湾岸300キロトライの話ではなかったですね。

このジョグ、攻撃的なウィングがZRエディションの特徴らしいのですが、年をとった僕にとっては脂身いっぱいのステーキ並に必要ないものです。

ゆくゆくは装備一式を積み込んでキャンプに行きたいので荷物を積めるキャリアの方が魅力的です。

それにウィングにしているとどんな輩が釣られてくるかもわかりません。

こちらにその意図がなくても刺激に敏感に反応するのがそういう方たちなのでね。

こっちはオッサン、生暖かく見守って頂きたいですもの。
写真 2017-07-04 16 41 12

無事にキャリア装着完了です。

サイドスタンド


お次はサイドスタンドの装着。

標準装備のセンタースタンドはリアをリフトする感じでヨッコラせと立てるのですが、これがテコを必要として案外に力がいります。

コンビニやちょっと駐車という時も、毎度のヨッコラせが煩わしい。そこで調べたところ、このジョグは標準フレームにサイドスタンドを装着するASSYが最初っから付いているらしい。

カウルをはずして見たところありました。

新品にしようか迷いましたが、機能に問題がなければ良いのでオークションで中古品を落札。

写真 2017-07-04 15 59 54
超絶サビサビです。

写真 2017-07-06 10 21 33
せっせかとサビ落としして
写真 2017-07-06 10 21 40

ジャジャン!
写真 2017-07-06 15 13 07
写真 2017-07-06 14 56 53

これが最高!

とんでもなく楽々です。
腰掛けたまま左足でパタンパタンと折りたたみできるのは快適です。

取り付けて大正解です!
(*スタンドをたたみ忘れて左コーナーで転倒事故というケースがあるみたいですので、装着される方は「スタンドをたたんでからシートにまたがる」など危険回避の習慣をつけると良いかもしれません)

メインテナンス


フロントダンパー


納車後しばらく今日は南だ西だ北だと走り回りましたが、慣れてくるに従ってフロントがガツンガツンと衝撃を拾うのが気に障りだしました。

最初は「涌谷ってのはなんだってこう道が悪いんだよ!」と町の舗装に対して怒りを感じていたのですが、このままではバイクも乗り手も壊れてしまいそうなのでオイルダンパーのメインテナンスをしてみることにしました。

本当はシール類、ブッシュ類も全交換、つまりオーバーホールが良いのでしょうけれど、何と言っても初体験です。出来るかどうかもわかりませんからね。余計なことをして復元不可能にしてしまう可能性もあります。

なのでまずはオイルを新品にしてどれくらいの違いがあるかを検証してみることにしました。

結果、激変とまではいかないまでもかなり改善しましたよ。

細かい手順と作業の注意は覚書として次回以降に、まとめようと思います。

<交換前>
写真 2017-06-18 14 22 19
<交換後>
写真 2017-06-18 14 34 46

19400キロそのままだったのかな。

交換作業をしてみた感想から言えば、普通のユーザーはここまでやりませんね。

使用したダンパーオイルはYAMAHA純正です。
写真 2017-08-04 14 13 37

恐るべき加速性能


原付の法定走行速度は30キロです


一応は・・・

そう言えばお店の方がおっしゃられていたのですよ。

「50超えたあたりからウワ〜と回転が上がってきますから」

ん?50超えたあたりからってのはどういうことでしょうか?
(原付の法定走行速度は30キロです)

はい、初走行で体験しましたよ。

なんでしょう、ちょっと気を抜くとメーターを軽々振り切っているこの子は何者?

その都度

「コラコラ!君は原付でしょ?このスピードは流石にダメですから!」

ときつくバイクを叱り、安全速度に落とすのですが・・・

これじゃそのうち「涌谷の弾丸オヤジ」とか言われかねない・・・

まあこんなことを幾度となく繰り返しながら45キロ初走行を完了しました。

今は加速にも慣れたのでこのジャジャ馬マシンもコントロール下におさまっています。

最高速度ですか?

それがね、

わかりません!

何キロ出るか厳密にはわからないのですよ。

メーターの目盛りは60キロまであるとだけ言っておきますね。
写真 2017-08-04 12 38 00 (1)

今回も最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事もどうぞ


【原付バイク】生活環境を劇的に改善!50cc原付オートバイは活動開始の起爆剤になるかも:その1
【原付バイク】生活環境を劇的に改善!50cc原付オートバイは活動開始の起爆剤になるかも:その2